Categories
日本語

あの目、見る勇気さえなかった

数年前の冬。

地元の空港で自分が乗る予定飛行機の搭乗をまっていた。その日に僕の連休の最終日を迎えた。長い列の人が飛行機の搭乗を待っている。時間をしばらくおいた後、やがて、港内アナウンスにより、人が搭乗口の方に移動し始める。僕がゆっくりと前に進む同時に、あの人の海に、ある人を気付いた。

「その人」。

遠い昔…いや、今でも、僕にとって大切な人。もう、昔のようになれないだろう。今までも、きっと、僕のことが大嫌いだろう。「その人」を気づいても、その人をあえて見ずに進むようにした(余計に嫌われたくないから)。

運が悪く(良く?)、進んでいた列が止まり、ちょうどその人の隣に僕が止まらせざるを得なくなった。空港のスタッフが僕のチケットと身分証明書を確認したいらしい。僕の前の乗客の資料確認がそんなに時間がかからないのに、僕の方は若干時間がかかっていた。

まるで、その人と喋るチャンスを与えてくれるようだ。「話したいなら今のうちに!」と。

そのスタッフは僕のパスポートをめくって、名前と写真が載せたページを照会した。“もし隣に立っていたその人が気づいたらどうする?”と僕は考えた。

期待する一方、自分が妙に焦り始めた。「その人の機嫌を悪わせたいくない」と自分はそう思った。もし僕が早くこの場から消えば、その人は僕の跡を気づかないだろう。だからその焦りを感じたのだろう。

実は、その人を通りかかるときに、僕はちらっとその人の顔を見た。“本当にその人なのか”と自分の中にそう確かめたかった。

案の定、一瞬だけだが、「あの人」に間違いないと確かめた。あの顔、あの髪。ばっちり。

心の底から嬉しく思ったが、表には表せなかった。嬉しい気持ちを抑えるのは辛かった。

「その人」ーあの目の主人。その人への気持ちは今までも変わらぬが、ステータスがいつの間に変わっていた。目を見るさえ勇気はなかった。昔、自分はどれだけ酷くその人の傷つけたのだろう。その罪悪感が未だに心の中にあふれている。

僕は大切な人がいて、その人もきっと・・・

結局、僕たちはなんのコンタクトもせずに、同じ飛行機に乗った(その人の席はどこなのか知らないが。)。

目的地はマレーシアの首都ークアラルンプール。

そこは「その人」の最終目的地かもしれないが、僕は当日、到着後にクアラルンプール国際空港を出ずに、国際線の出発ロビーに向かった。

結局、なんの話もせずに別れた。

結局、「その人」は僕の存在を知らないかもしれない(はず)。自分が意識過剰かもしれない。

“まぁ、これでいいじゃないか。少なくとも、その人の機嫌を悪わせなくても済む。”と僕はそう思った。

当日の午後に、長袖の上着を着て自分は飛行機に乗り、日本へ向かうことにした。羽田空港についた時はもう深夜で、外は寒かった。家につくまではまだ距離があった。数時間の電車とタクシーの後に、やっと家についた。

ヒーターがまたオンにしていなかったが、僕は少し暖かく感じた。「その人」に、偶然に会ったからだ(アイコンタクトや話もしなかったが)。

偶然かもしれない。仲直りした日は遠い昔の同じく2月だった。少し暖かい、2月だった。

(しばらくの間日本語で書かなかったので間違いだらけかもしれません…ご指摘はコメント欄まで。どうぞよろしくお願いいたします。ー コー)

Categories
日本語

SEVEN SEAS VOYAGE

5年ぶりにこの曲を聴いた。昔に聴くたびに意味がだんだん分かってきたが、歌詞にあるその「実感」が感じられない。

生まれ故郷を離れ、でかい世界へ渡れ。失うものはないぜ。全力でかかれ!

去年の春に日本に到着。今度こそ、遠く場所に行って生活する。単なる遊びではなく、責任をもって生活していく!っていう感じ。週末にはすぐに「観光客」ムードに切り替え、仕事を一時的に忘れ、日本でしか見られない場所をもっと楽しみたい!っていう気持ちが、心の中にあふれている。

Categories
日本語

満喫?

お休み、ちゃんと満喫して過ごしていたんですか?

ある日、会社の営業担当の人に会って、三十分ほどの会話があった。それは、だいぶGWのあとのことだった。

満喫。

その体験は本当に久しぶりだ。GW休み期間、彼女を会いに行き、飛行機に乗って台北へ行った。1週間だという短い間だったが、本当に1ヶ月一緒に生活をしていたのような感じだった。それで、満喫した、といえるのだろうか。

いまは「時間を無駄にしたくない」と思って、様々な体験を見送ってきた。どうせ時間や金を無駄にしたのだろう、と自分はそう思っていた。だが、本当にそうだったのか、と私は時に思った。

最近、ゲームを再びやり始めた。夏休みが終わろうとしている間、ずっと箱に置いてあったゲームを再び遊びはじめ、夢中になっていた。時間を忘れたというのは中学校以来、久しぶりだ。

なんか、嬉しくなれる気がする。本当、子供に羨ましい限りだ。

Categories
日本語

あと何回の夏が過ごせるのか

初めて日本語でブログポストを書いている。日本にいて、1年過ぎが経った。まだ梅雨が続いている今、時には家にいるしかなくてどこへも行けず、ちょっと退屈だと思っている。

ある夜、たまにYouTubeを開き、音楽を聴き始めた。Keyの有名な曲が流れ始めた。作業中の手が止まった。歌詞と曲をよく聞き、その深みを味わっていた。気づけば、いま自分が日本にいると改めて認識した。

ここにいられる間はビザの有効期間によるものだ。あと何回の夏が過ごせるのか、時にそう思う。まだ来日する前に、ずっと四季に憧れていた(マレーシアは365日夏。蒸し暑いし、よく雨が降る。)。春ってどんな風景だろう、冬の日の雪ってどんな景色だろう…と、私はそう思った。

やっと日本で暮らすことができて、ずっと憧れた四季を味わうこともできた。いまはちょっど夏。去年のことを思い出した。一人であっちこっちを歩き回って、行ってみたかった場所を訪ねた。

東京。

中学校のころ、うちのパソコンの壁紙が東京の様々な景色だった。とある駅名標、赤い東京タワーの景色。時には田舎の写真、ある高速道路の写真、渋谷のスクランブル交差点の写真も載せた。これらは私にとって、日本へ行くためのモチベーションだろう。

平成30年のGW明け。ちょっと不安でわくわくした気持ちで成田国際空港を着陸。スカイライナーに乗って新宿へ。すべてが新鮮だった、と私はそう思った。本当に毎日、日本語を身に着けないといけないの?と不安が自分の中に広がった。ただの趣味ではなく、本当にコミュニケーション ツールとして使わないといけないぞ、と覚悟を決めた。それはわずかの12時間で。

ビザの期限切れまではまだ遠いが、日本にいる毎日を大切しなくちゃ。

あと何回の夏を過ごすことができるのか。

※初めて日本語で書いた文章でした。言語での誤りやミス、不適切な言い方などが見つかりましたら、コメントで書いていただけますよう、今後ともよろしくお願いいたします。